大和神社 « 大和心 ぶろぐ

大和心.com ぶろぐ

大和心.com ぶろぐ

2012年12月3日

大和神社

カテゴリー: 奈良 — sirousaghi @ 22:13

大和神社 Ooyamato Jinja (平成24年4月24日)
http://www.youtube.com/watch?v=ld-cR7erEls

主祭神の日本大国魂大神は日本の全国土の地主神に坐します大地主大神とされ、皇居内に天照大神と共に奉斎されていました。崇神天皇の御代、同殿共床の神威を畏れ、崇神天皇6年(前92)、淳名城入姫命により市磯邑(大和郷)に移されたのが創建とされています。天照大神を祀る伊勢神宮に次ぐ広大な社領を得、朝廷の崇敬を受けて隆盛し、万葉集には遣唐使が派遣に際し祈願したことがうたわれています。“戦艦大和”の守護神としても祀られ同艦の英霊は祖霊社に合祀されています。また、境内社の高龗神社は丹生川上神社の本社になります。

御祭神:日本大国魂大神(やまとおおくにたまのおおかみ)
御祭神:八千戈大神(やちほこのおおかみ)
御祭神:御年大神(みとしのおおかみ)
住所:奈良県天理市新泉町星山306
参拝日:平成24年4月24日
公式HP:大和神社 Ooyamato Shrine / Wikipedia:大和神社


より大きな地図で 大和心ぶろぐ – 神社参拝マップ を表示


京都は寺院、奈良は神社と勝手にイメージを持っているのですが、その奈良の中でも実はかなり重要な神社と言えるのがこの大和神社(おおやまとじんじゃ)。

各地の神社さんを参拝すると元伊勢の話がよく出ますが、実はその元伊勢の鎮座地を巡る旅というのも皇居内でこの大和神社のご祭神の日本大国魂大神と天照大神と共に奉斎するとご神威が強すぎることを畏れ、分けて祀しようということから始まったもの。様々な異説はあるものの、基本的にはこの日本大国魂大神は国津神系の神様で、狭井神社の大神荒魂神(おおみわのあらみたまのかみ)・大物主神(おおものぬしのかみ)であるとの説もあるようです。そのことから大神神社と元伊勢の変遷と合わせて見て行くと非常に興味深い神社さんです。

境内を参拝していると不思議と“しもじみ”と感じ入る部分があるのですが、いわゆる分かりやすさとはちょっと違う部分があるのかもしれないと思ってみたり。

この大和神社。名前からして、あの“戦艦大和”と関わりがあるかとお感じの方、多いと思います。それは将にご名答。“戦艦大和”は大和神社を分霊し祀り、“戦艦大和”の英霊の方々は大和神社の祖霊社に祀られています。

奈良の方、そして氏子の方々からすると知らないほうがおかしいとも言える神社ではありますが、その重要さに比して全国区ではそこまで知られていない神社なのかもしれません。それはご祭神が「そこまで表立って有名になろうと思ってないですし(^^;)ゞ」という感じているのかなーとの側面があるのかなと思う部分がないわけにしても、奈良に行ったときには必ず参拝してもらいたい神社であるのは事実。それと水の神様の大元に当たる高龗神。その本社がこの大和神社の高龗神社になります。

一之鳥居

一之鳥居

二之鳥居

二之鳥居

増御子神社

増御子神社

忠魂碑

忠魂碑

厳島神社・事代主神社

厳島神社・事代主神社

朝日神社

朝日神社

祖霊社

祖霊社

拝殿

拝殿

高龗神社

高龗神社